最近、とあるきっかけがあってツイッターを使ったマーケティングを再び研究し始めました。 🙂

一時ツイッター社のスパム潰しが強烈過ぎて、「ツイッターは終わった」とか言ってた人もいたけど、やっぱり見直してみると、まだまだツイッターは面白いです。

なぜかというと、検索エンジンを使った手法と全く逆の方法なんですよね。

ツイッターは短い文字数(140字)、インデックスの必要なし、キーワードなんて不要で面白ければすぐに拡散される、そんなところは検索エンジンでは味わえない醍醐味だと思います。

スパム系のツイートは依然として大量にありますが、いくら呟いても、すでにだれも見ないという次元に突入してしまえば、自然に減るのではないか?とも思います。スパムツイートを吐き出す業者も、最初から採算が合わないと分かれば参入してきませんので。

さて、そんなツイッターですが、やはりベースに戻って、ツイッターでうけるにはどんなツイートが面白いのか?そんな研究をトライアンドエラーでやってます。外すときも当たるときもありますが、なかなか面白いですよw