いろんな方のブログを拝見すると、ブックオフやヤマダなどの激安を売りにしていた実店舗の価格もアマゾンの最低価格を参考に値段がつけられるようになってきたようですね。転売屋対策もあるのでしょうが、基本的にはアマゾンの最低価格に合わせておけば、適正価格というプライシング戦略になってきたということでしょうか。

ただ、アマゾンの最低価格に値段を合わせたとして、実店舗で売れるかどうか?というのは少し疑問が残ります。アマゾンの場合は、ワンクリックで買える便利さとスピーディーなデリバリー能力が付加価値としてあるのに対し、実店舗だと、商品を目で実際に確認できるメリットはありますが、実店舗までの往復費用(時間)がかかるし、商品を持ち帰る不便さがあるんですよね。これが現代の消費者ニーズにどう影響するのか?

そんなデメリットを補うような、サービス(付加価値)の提供がないと、値段みた人も「なんだ、アマゾンといっしょじゃん。」となれば、重いものなんかはわざわざ買って帰らないかも知れませんし、どうなんでしょうか。「あー、これアマゾンで買ったほうが安かった!」と言わせない価格(ほぼ同価格)にはなると思いますが、価格がほぼアマゾンと同じという戦略は、周知されてくると実店舗への集客も含めて諸刃の件になりそうな気もします。過去、ブックオフもヤマダも、「アマゾンの価格?そんなのかんけーねー!!」みたいなプライシングで絶大な集客力があったと思うんですがw。広告とかセール情報は結構チェックしてましたしね。「なんか安いのないかな?」って。これがアマゾンと同じ水準になった場合は、広告もチェックしなくなりますし、実店舗への客足が衰えアマゾンの客を増やしてしまうだけ(逆効果)にもなりかねないような気もします。

さて、アマゾンの最低価格が神様になってしまうとどうもつまらんなー、と思うのは私だけではないでしょうが、それだけアマゾンの力が絶大(実店舗の小売業にとって脅威)だということなのでしょうか。今後の日本の小売り業の価格がどうなっていくか?アマゾン次第というのでは寂しくもありますが、どんな変化が起きるのかよく見ていきたいところです。