10年前、いや、数年前までは、あまりワードプレスも普及していなかったから、ブログを開設するには、FC2、アメーバ(アメブロ)、ライブドア、Seesaaあたりの無料ブログで始める人が多かったのではないだろうか。

アフィリエイト系の人は自由度の高いFC2かSeesaa、それ以外の人(個人の日記や店舗のPR、有名人・芸能人)はアメブロ、ライブドアに流れていたような気がする。

今もそうだけど、無料ブログを押さえるなら、FC2、Seesaa、アメブロ、ライブドアの4つでOKだと思う。

それ以外だとYahooブログやJugemあたりになるのかな?

無料ブログ比較

 

アクセスアップはアメブロ最強伝説?

特にアメブロは芸能人の囲い込みが上手く機能した感があり、この人気も手伝って着々とユーザーが増殖したのだろう。

その意味で運営のサイバーエージェントの戦略はすばらしい。

アクティブ(すでに更新されてない休止状態のブログ以外)なブログは、おそらく日本一で、立ち上げてしまえば集客力は高い。

アメブロではペタや読者登録、アメンバー申請など自サイトへのアクセスアップをサポートする機能が存在している点も優秀だ。

また、ほかの無料ブログと比較して集客力に優れるアメブロでも、さらにアクセスアップを考えているユーザーは多いようで、昔から自動ペタ、自動コメントなどのツールは売っていたのだが、最近ではこんな統合ツールまで誕生している。

普通の無料ブログでは、検索エンジンからの集客がメインになるが、アメブロの場合、ユーザーが活性化しているので、

アメブロのメリット=アメブロ内部からの集客 + 検索エンジンからの集客

が可能になる。

アメブロ集客

 

アメブロの弱点

アメブロのリスクで ”突然削除される” をトップにあげる人が多いが、無料ブログの場合、FC2でもSeesaaでも規約を違反すればブログが削除される可能性はあり、アメブロに限った話ではない。

広告表示の多さと機能的制約

他のブログサービスと比較して、アメブロ(無料ブログ)にした場合は、やたらと広告が表示されてうっとうしく、機能的にもいまいち。アフィリエイトも制約があるなど自由度は低い。この辺は10年以上前とあんり変わってないようだ。(アメーバピグとか良く知らないのだが)

有料(Amebaプレミアム)に切り替えた場合、広告表示はとれるものの、月額1,008円と少し高い。

【広告をはずすコース】

・機能
ブログスキン内の広告を非表示にすることができます
1枚あたりの画像アップロード容量 2MB⇒5MB
画像フォルダの総容量を5GBにアップグレード メッセージ保護機能を無償提供
・料金
月額1,008円(税込み)

年間12,000円払えば、レンタルサーバーを借りて独自ドメインのサイトを何個か作れるレベルなので、相応の価値があるのかどうか微妙なところ。

Amebaプレミアムは個人(芸能人を含めて)をアメブロで宣伝したい人や、法人で会社のPRに使いたい場合など有効になるのだろうか。(コスト vs リターンという関係を考えて)

アメブロ メリット

 

アメブロのSEO

外側からブログの構造をあまりいじれないので内部対策はほとんど無理のように思われる。その点は、テンプレートを自作できるFC2のほうが自由度が高い。

あくまで使ってみた感じであるが、検索エンジンへのインデックスの速度や評価は、FC2やSeesaaなどとあまり変わらないようだ。

これは普遍的になるが、あとは内容、キーワードの選定などを含んだコンテンツの問題ということになるだろう。

コンテンツ

 

アメブロの未来

芸能人関係者とのコラボがうまく行っていれば、アメブロの人気は問題なく維持、上昇すると思われる。

規約等の改定は今後どうなるかちょっと分からないが、アフィリエイトブログ、スパム的なブログや商用ブログには以前から非常に厳しいので、アクセスアップを狙いやすい一方、アメブロの使い方に工夫が必要なのは間違いない。

アメブロでのアクセスアップだけであれば、立ち上げ当初は地道にオリジナル記事の更新やスパムにならない程度のペタ、コメント回り、読者登録などしていけばそこそこ集客できるはず。あとは検索エンジンに評価されるような内容のコンテンツの準備すれば長期的に優良なアクセスを呼び込むことが可能だと思う。使い方を間違えなけれなアメブロの利用価値は高い。

個人事業主のブログもアメブロが人気であるが、展開にはリスクもあるので注意していただきたい。

工夫と使い方

 

PR:ライターさん募集案件