去年立ち上げた超巨大サイトがあったのですが、コピー系のコンテンツ(もちろんコピーはASPから提供されているもの)が多かったため、かなり大量のページがインデックス削除の刑を受けてしまいましたw 多少のオリジナリティを入れて、作るのに時間はかかったのですが、やはり天才集団のグーグルは見逃しませんね。コピーが多いと検索エンジン的には短命になるのでしょう。

いやあ、こわい、こわい(^^;)

残念な結果ですが、やむを得ないというか、これを肝に銘じて、精進するしかありません。うぬぬ。となると、2ch系のまとめサイトなどもこれからは(本当に)厳しい運営になるかも知れません。アクセストレードでアクセス集めるのも限界がありますしね。

で、オリジナリティがあればいいのか?、例えば、今見てらっしゃるこんなブログにアクセスが集まるかというと、当然そんなことは無くw。ある一定のテーマで時事的なものか先進的な情報を発信してるか、非常にニッチな記事を大量に扱うか、どちらかに絞っていかないと検索エンジンからのアクセスは集まらないようになってきているのかも知れません。それぐらい全体の質量が進化してきているのでしょう。

そこで、検索エンジン以外からの集客を考えるわけですが、有力なのは、Twitterですね。フェイスブックもありますが、不特定多数への遡及、爆発力ではTwitterのほうが上でしょう。ただし、ここも妙にスパム対策に力を入れ過ぎているような感じもあって、大したことしてなくてもアカウントの凍結があるため、あまり力を入れて一つのアカウントを育てることが出来ないというジレンマがあります。常に流動的なペナルティーがあるので日々戦々恐々w そんな感じでツイッターやってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?管理人は、とにかくあまり目立たたないように、そっとプログラムを動かして、数個のアカウントを育てていますw 優良サイトが資産化できるというのは一般的に周知されていますが、今後はツイッターの優良アカウントも資産化できるのではないか?と思っています。確信はありませんけど、将来に備え優良アカウントは数弾作っておきたいと思っています。化けるかもしれませんのでw それ用のツールは自作するか、Twitter Brainあたりがまだ使えそうですね。

話しが逸れましたが、今後のブログ制作は、オリジナルのコンテンツの強化 X 内部SEO X ツイッターでの拡散 あたりがアクセスの源泉になるのでしょうか。ワードプレスからは、はてなブログやアメブロ、フェイスブックへの自動連携も可能ですが、アクセスを無理に集めようとして、あんまり無茶しないほうがいいのかも知れませんw SEOのスパム判定厳しいですからね。

であれば、あまり余計なことをしない分、コンテンツの質を継続的に向上させてくのが王道でしょうか。まさに原点回帰の時代ですね^^

PR:ライターさん募集案件