グーグル検索すると、NAVERまとめなどのキュレーションサイト(まとめ系サイト)が検索上位に来るようになりました。

いやあ、しょっちゅう目にしますよね?

例えば、”女優 すっぴん”とかでグーグル検索すると、もうNAVERまとめが金銀銅メダルを獲得、検索上位3サイトはNAVERまとめの記事なんですねw

812000件中ですから、これって凄まじいです。

検索結果

NAVERのまとめ記事が検索上位を独占!!

芸能関係なんかは、個人のサイトで纏めにくい(著作権、肖像権の問題がある)ので、NAVERあたりでちょいちょいっと、まとめ記事を作ってお小遣いを稼ぐ、というシステムがうまく機能しているのでしょう。本当に稼げるのかどうかは知りませんがw

で、最近ではNAVERに負けじと、FC2やら他の企業もキュレーションサイト設営に続々と乗り込んでくるようになりました。 NAVERだけに稼がせてたまるかい、ワイらにも稼がせろや!ってねw

キュレーションサイトに関する著作権、肖像権などの難しい問題はちょっとここでは置いといて、まとめはまとめでユーザー側から見ても便利なんですが、こうなるともうグーグルの検索上位がまとめ系のキュレーションサイトの記事ばかりになって、ややこしい。

ユーザー( ゚д゚) 「まとめ記事ばっかりやん。どのまとめ記事がおもろいねん?」

みたいな。

そんで、ややこしいんで、そのうち誰かがキュレーションサイトの記事をまとめるキュレーションサイトを開発するんですよ。

このまとめ記事が秀逸です!まとめ記事傑作5選のまとめ!!とかって解説するサイトですね。

そうするとキュレーションサイトの記事をまとめるキュレーションサイトは爆発的な支持を得て、グーグルの検索上位を独占し、それを見た複数の企業がキュレーションサイトの記事をまとめるキュレーションサイトを立ち上げて、ワイらにも稼がせろや!ってどんどん参入してくる。

そうなると、グーグルの検索上位が、キュレーションサイトの記事をまとめるキュレーションサイトの記事ばかりになって、ややこしい。

ユーザー( ゚д゚) 「ん?、まとめ記事のまとめ記事ばっかりやん。どのまとめ記事のまとめ記事がおもろいねん?」

ってなりますやん?

ややこしいんで、そのうち誰かがキュレーションサイトの記事をまとめるキュレーションサイトの記事を、さらにまとめるキュレーションサイトを開発して・・・(以下略)

 

数年後・・・

インターネットの世界はキュレーションサイトで埋め尽くされたとさ。

キュレーションサイトの未来

オチなし(完)

PR:ライターさん募集案件