Googleがサイトを評価する指標の一つとなるオリジナリティー。最初はコピーサイトの評価を下げる目的だったのだと思いますが、最近ではリライトの技術なども発達したため、オリジナリティーの考え方も少し変わってきているかも知れません。

このオリジナリティーですが、自分で独自の文章を考えればいいかと言うとそうでも無く、サイトや記事のテーマを含めてのオリジナリティーが必要だと思われます。例えば、「アフィリエイトの始め方」という記事タイトルの内容を、いくら自分自身のオリジナル文章で丁寧に解説しても、その手の記事はインターネットの世界に掃いて捨てるほどあるため、Googleの評価はあまり上がらないのではないか?と。「何を今更」と言う感じで・・・

そうなると、「アフィリエイトは絶対ダメ!」みたいなテーマのほうが、実際の評価が上がりやすいのかも知れません。みんなが○○はいいよ!と言っているときに、〇〇はアカンという意見をぶつける記事を投入するような手法ですね。ちょっと近い例で、情報商材系のアフィリエイトサイトでよく見かけるのですが、「A商材はお勧めしません!B商材を買うのをお勧めします!」みたいないノリでサイト作っている方がいらっしゃいますね。あんまりいい例かどうか分かりませんけどねw

サイトのオリジナリティーとは何か?

さて、話はそれましたが、オリジナリティーの追求→オリジナル記事の制作にあたっては、調査、ライティング技術、タイピング技術などもいろいろとありますけれど、今後、一番重要なのはテーマの選定になるのでしょう。他の人が既に大量参入しているようなテーマでサイトを開始してもオリジナリティーの追求は非常に難しい(例えば、アフィリエイトやFX、クレカ、ダイエット、薄毛、ハゲなど)ので、少し角度を変えた目から見たテーマ選定が必要で、この選定次第でサイトの命運が分かれてくる可能性は上がっていると思います。

あまり珍しすぎるテーマだと、だいたい検索ボリュームが少ないので注意が必要ですけどね。

オリジナリティ

 

ワードプレスでアクセスアップする手法

PR:ライターさん募集案件