服を捨てられない理由

断捨離しようと思ったり、部屋の片付けの際に処分に困るのが着なくなった服・・・。

女性の方のほうが大変なのでしょうが、男性も捨てようかどうしようか?と迷っているうちにホコリを被ってしまったり、タンスの肥やしになっている服って結構あると思います。

デザインや色なんかがちょっと流行遅れになってしまったり、サイズがきつくて合わなくなってしまったり、年齢的にちょっとこの服若すぎるんちゃう?と腰が引けたりで、まだまだ着れる服でも「アカーン、どないしよ?」みたいな状況に陥ってしまいます。

どうせ着ないならと処分しようとしても、なんとなくもったいない気がしてなかなか捨てられないんですよね。服って特に。

しかも買ったときに結構高かったものやその服に何らかの思い出があるもの、人からプレゼントされたものなどは尚更捨てにくいです。

どうもこの捨てにくさをつきつめると、そういった服をゴミ袋に入れてポイするのに罪悪感が発生するんですよね。

ボロボロの服ならともかく、まだまだ実用できるものですしねえ・・・。

 

それなら買取に出せばええやん!って思うでしょ?

一昔前はノンブランドの洋服を買ってくれるところが少なかったんです。

街の古着屋に持っていけばどっか買取してくれるところはあるんでしょうが、基本的にノンブランドの古着は売っても二束三文。

だもんで遠いところに交通費をかけて行ってしまうと赤字になる可能性が非常に高いんですわ・・・

 

私も過去、そんな服たちをリサイクルショップの古着買取に持ち込んだのですが、サイズを間違えて買ってしまった未開封のYシャツなんかも入れ段ボール1箱ぎゅうぎゅうで200円くらいの査定だったことがありましたからね。ガソリン代が出たかどうか微妙なところでした\(^o^)/

しかも古着ショップに自分で持ち込むのは結構大変です。洗濯してキレイに畳んで店まで持っていくのが面倒くさいですし、しかも段ボールにつめこむと服って結構重く運ぶのも大変なんですよね。

 

そんなこんなで、

服はなかなか捨てるには忍びず、買取に持っていくのもかったるいので片付かない状態になってしまうと・・・。

しかもついつい新しい服を買ってしまうので、クローゼットが常に満杯状態になってしまうんです。

 

今はノンブランドでも宅配買取で売れる

最近はノンブランドの古着もインターネットで申し込んで宅配で買取するショップが増えています。

東南アジア、東アジアなど海外に日本の古着を輸出する企業がノンブランド服の買取に乗り出してきていることなどがその背景にあるようです。海外であれば日本では少し流行遅れのデザインでも目新しいセンスの服として映るかもしれませんし、状態がよくて安いなら買いたいというお客さんも多いのかも知れませんね。

私もタイに旅行に行った際、夜の街で日本のバブル時代にあったケバケバのボディコンみたいな服を着たお姉さんを見たことがありますが、あれは日本から輸出された古着だったのかも知れませんw

 

また、日本の古着は海外旅行客の一部に好評で、品質がよく値段も安いというこれで知られてきているようです。日本人はモノを大事に扱いますから、海外の古着よりはグレードが高いものが多いのだとかで古着が好きな外人には天国らしいですね。

言われて見ればブックオフに行くと古着コーナーで外人さんが買い物カゴをいっぱいにしているのをよくみます。

 

そんな状況から古着の宅配買取を扱う会社が増えてきた分、企業間の競争も始まりますので古着を売りたい人には条件が良くなっているのは確かです。

宅配買取は、わざわざ古着を扱うリサイクルショップに自分で持ち込まなくて済むのが最大のメリット。

ブランド品でない場合は買取額はあまり期待出来ないかもしれませんが、段ボールにつめて宅急便で送るだけという気軽さでは利用価値が大変高いと思います。

捨てるのは気が引けても、例え1円でも売るのであれば少しアクティブになれそうだ、という方にはもってこいでしょう。

ただ、基本的にリユース可能な状態の服であるのが条件で、やぶれ、汚れ、変色や洗濯による縮みなどの劣化が見られるものはあきらめましょう。

 

ノンブランド服の古着 宅配買取ショップ

【トレファクスタイル】
ここも送料無料で服の宅配買取をやっているショップさんです。

ネットの買取もやっていますが、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫に複数のリアル店舗を展開する大きな企業で、黄色の特徴のある看板を見たことのある人も多いでしょう。

洋服ばかりでなくバッグ、財布、靴、帽子、マフラー、ベルト、サングラスなどのファッショングッズの買取を手広くやっています。もちろんノンブランド品の買取もOKでデザインや状態等で評価してもらえます。

ここのいいところなんですが、査定に納得できない場合はキャンセルが可能で、送った品物のうち一つでも買取金額がつく場合は返送料金もショップさんに負担してもらえますので売る側としてはかなり安心です。

ただ、宅配買取の申し込みは最低10点から、段ボールなどの梱包は一回の申し込みで2箱までになるなど条件があるので注意してください。