過去全盛を誇ったブログランキングですが、最近ではあまり利用価値はなくなっているようです。

ランキングを操作できるソフトが比較的安価(探せば数千円で入手出来そう。ただし個別でちゃんと動くかどうかは不明)で出回っているため、順位がある意味”ヤラセ”になってしまい、本来の目的を果たさなくなってきたのが原因でしょう。

アメブロ、FC2のアクセスランキングなどは単純にリロード(F5)してもPVが上がってランキングが上昇する仕様(IP関係なし)なので、やろうと思えば上位のランクインは簡単でしょう。

また、IPをキーにしたランキング(ブログ村とか)も本来は一台のPCで一日一票なんですが、これを回避するソフトがあるんですね。そうすると、ソフトを使っているブログが上位を独占してしまうという現象が起きます。(まあ、あんまり目立てば運営が削除するかも知れませんけど。)

「え、何か月も更新もされてないブログがどうして一位なの?!」

みたいなこと、ありますよね。

ランキングはそうすると、自演の”ヤラセ”のブロガーがランキング上位を独占してしまうため、本来の役に立つ、おもしろいブログが上位に来るという機能を失ってしまっていると思われます。

次に起きるのはユーザー離れですね。

ブログランキングに来るユーザーは、おもしろいもの、役に立つブログが上位にあると期待するのは当然ですから、”ヤラセ”ブログが上位を独占してしまう状況では、「なんかおかしいな、上位のブログ全然つまんねえし・・」みたいになるのは自然です。やがてアクセスが減少、それに伴いランキングからの流入は減って行ってしまう悪循環が起きてしまいます。

特に、稼げる系やギャンブル、続いてビジネス系などの金の絡むランキングは、”ヤラセ”っぽいブログが多くないですか?

逆に、金の絡まないジャンルやマイナーなジャンルのものは実力で決まっているブログが多いかもしれません。

この問題はブログランキングが、PV数、厳しいところでもIPをキーに一票としてカウントしている点が致命傷で、もしIPをころころ変えるソフトがあれば、あとは簡単に操作出来てしまうところにあります。

うーん、ちょっと解消は難しそうですな。 😕

ブログランキング

PR:ライターさん募集案件