ファンキー7 (西陣)

横浜駅の近くにあったY会館で、人生初めて打ったデジパチ。

今から見るとずいぶんシンプルに見えるかも知れないが、ド派手なセグのリーチ演出はその当時最高に面白かった。

赤と緑のセグになっていて、数字と色も揃わないと大当たりにならない。

初めて打ったときは、赤7 緑7 赤7 で揃ったので、大当たりかと思ってドギマギしたら、ただのハズレだったw

今は無制限が普通だけど、当時はラッキーナンバー制が主流で、Y会館では7か3の揃いで継続、4か9の揃いで交換だったような思い出がある。

当時は大当たりのチャッカーが開くと、脇の足の入賞口に玉が流れるように釘が誘導されていて、一回の大当たりで2500発位出た。

大当たり確率は、ちょっと記憶が定かでないけど二百分の一くらいじゃなかったかな?

現在のCR機は390分の1くらいだから、倍くらい当たりやすかったんだなあ。


HAGEDARUMA

with

賢威ver.7.0