サラリーマンが一番いいというが、今になって考えるとサラリーマン時代が一番大変だった。

ぎゅうぎゅうの通勤列車に乗って、遅くまで残業。土日の出勤。

 

宇宙人が今の日本社会をUFOから見たら、ぎゅうぎゅうの通勤列車に乗って、遅くまで残業する

サラリーマンを見て、奴隷社会の奴隷階級と勘違いしても仕方がない。

 

 

いままで勤めた会社は比較的良心的で残業代は払ってもらえたが、またサラリーマンをしろ!

と言われても、もう無理だと思うw

 

「自営と乞食は3日やるとやめられない」というが、前者の自営はまったくそのとおりだと思う。

やってみるとよく分かる。一度奴隷から脱走すると、もう帰りたくない。

 

今の日本の教育での欠点は、読み書きそろばんは教えても、ビジネスセンスを教えられる

教育者が少ないことなんだと思う。あるいはカリキュラムに入ってもいないというか。

一応大学は商学部を出たけど、あそこでいくら勉強しても商売はなかなか立ち上げられない

はず。

まあ、商学部と言っても、結局はサラリーマンの養成所のようなものだからやむを得ないが。

 

国家としては、あまり自営業者など増やしたくはなく、確実に税金を徴収できるサラリーマンを

増やしたほうが、政権の安定にとっては望ましいと言うことだろうか。

日本は自営やりたきゃ、勝手にどうぞ!という感じだもんなー。

繰り返しになるが、

「自営と乞食は3日やるとやめられない」というが、前者の自営はまったくそのとおりだと思う。