グーグルの検索エンジンは進化し、時代はホワイト・ハットへ。

確かに正論です。が、試しに数個のキーワードを調べてみると上位に来るサイトは、ほぼブラック・ハット(じみた手法)を使っているのを目の当りにすると、時代はホワイト・ハットとは言うものの、実践的に本当のところはどうなのか?と思うこともしばしばあります。現在、少し人気のあるキーワードで検索されるには、かなりサイト構成を厚くするのはもちろんなのですが、それの傍ら、複数のサテライトからリンクをもらって来ないと、なかなか上位に来れないというのは事実のようです。

サテライトも、昔のようなペラページ量産系では全くダメ、PAの高いオールド・ドメインなどを使って、それなりにコンテンツも充実されているサテライト数機を準備する必要があり、そうなると今も状況はそれほど変わっていないか、いや、実は昔よりさらに大変になっているのかも知れませんね。

オールドドメインを買うだけでもそれなりに出費がありますし、複数のドメインを維持するにも年間費用がかかります。しかも、サテライトにもそれなりのコンテンツを準備、投入する必要があるため大変と言えば大変な作業になります。

サイトにアクセスを集めるには、ホワイト・ハット、ブラック・ハット(ぽいもの)を両面で追求せざるを得ないのか?

ということになりますが、ホワイト・ハット一本でもアクセスを集めることは可能でしょう。しかし、この場合、単一キーワードでの集客が難しい場合が多いことは予想されます。そうなんです、ホワイト・ハット一本で集客する場合はビッグキーワードなどの「単一キーワード」で集客するのは非常に難しく、「複合キーワード狙い」で内部サイトを作り込んでいくことが重要ではないでしょうか。

メインサイトをそれなりに作って、ワードプレスなどでサブブログ(サポートブログ)を作り、複合キーワードでユーザーを集客する流れであれば、時間と労力は必要ですがホワイト・ハットのみでも構想を練れそうですね。

しかも長期的にドメインの評価を上げられる可能性を見れば、ホワイト・ハットに労力を投入するのが最善なのでしょう。たいへん地道ですが、それが集客の理想の姿かも知れません。

WORDPRESSのBLOG