アベノミクスで株高、円安の誘導には成功したけど、世の中の景気は本当に良くなっているのか?かなり怪しい気がして仕方ない。株高、円安誘導の一方で消費税増税などで一般庶民の生活は大して楽になっていないし、高いものを買おうというムードもそれほど盛り上がっていないのではないだろうか?結局、潤ったのは外貨を保有し株を持ち合っていた金融機関、上場企業、そして資本家だけではないのか?という気がして仕方がない。

庶民の不満を抑えるためか、一億総活躍担当大臣とかいう訳の分からんポストを増設したけど、これは何の象徴なんですかね?w 別に俺、活躍したくないんですけど?、安倍さん。ほんとこういうの要らねえわww

まあ、それはおいておいて、東京オリンピックが今後の景気の下支え。ただ、これもブレイクするような明るい材料でもないのかな。予算削っているしねww 森さん涙目ワロタけど。