2010年12月にYahooが独自のアルゴリズムを捨て、Googleの検索エンジンを導入してしまったため、GoogleとYahooの検索結果は同じになると思われていたんだが、その結果はかなり違うものだった。

というのも、Googleの検索結果をYahooが独自のフィルターをかぶせて表示順位を入れ替えているので、これが影響してしまっているのである。

Yahooはおそらく、Yahooカテゴリに登録しているサイト、およびYahoo側の運営サイト(知恵袋など)を優先する(検索結果の上位にもっていく)ようフィルターをかけているというのが通説である。

実はこれが結構アクセスに影響してしまう。

狙ったキーワードで、Googleでは上位3位に入っているのに、Yahooでは6位などよくあるのだ。

長年サイトを運営していると、アクセスが集まるのは、検索結果の上位3位までが圧倒的で、4位以下に落ちるとガクンと集客は落ちてしまう。これは同感の人も多いだろう。

どんなキーワードでも狙うのは絶対3位以内なのだが、Yahooの優遇措置は、カテゴリー登録していないサイトにとって結構厳しい。

カテゴリー登録は審査有料(通常5万円、アダルトなどは15万円)だし、結構高いので悩みどころ。

昔は7万円くらいしたような気がするが、最近安くなったのかな?

ただ、Yahooカテゴリーに登録しても、通常20位の検索結果がいきなり上位3位は、さすがにありえないと思うので、Googleでは上位3位、Yahooで上位5~6位なんだけど、Yahooの検索結果を上げたい場合の”トドメ”として使用することになりそう。

現在、Googleの検索結果は有料リンクは評価されない。Yahooのカテゴリー登録がどういう影響があるか分からないがあまり過度な期待は出来ない。

166H

うーん、それで5万かあw微妙やーw

しかしリンク1本で5万はいい商売、そっちをやりてえww


author:HAGEDARUMA@ミニマリスト見習い
大都会の片隅で暮らすアダルトな暇人です。リサイクル関連会社のサラリーマン生活を経て脱サラ。現在は貧乏な自営業者です(›´ω`‹ )  趣味はアイドルオタク・断捨離・節約・まいばすけっとやブックオフで買い物・将棋(ウォーズ二段)など(^ω^)
古本(専門書)のリサイクルなら
大学教科書・専門書・医学書の買取サイト「専門書アカデミー」
大阪府大阪市に本社を持つ株式会社ブックスドリームが運営している専門書に特化した買取ショップです。

☑ 赤本・大学受験参考書や資格・就職・医師国家試験の予備校テキストの買取もOK

☑ 記名・押印・蔵書印があってもOK

☑ 価値のある本なら多少の書き込みがあってもOK

10冊以上で送料無料。段ボールも送ってもらえて便利なネット古書店です。
驚きの?高価買取商品リストもありますので、ぜひ一度サイトをチェックしてみてください。