また某A式せどり塾(超高額w)が販売されるみたいですね^^;

この関係の情報をネットで調べていたのですが、ふと、電脳せどりの無料商材が撒かれていたので、なんか新しいツールでも開発されたのかな?と思いDLしてみたら、内容は絶版CDの買占めでした^^; お、おそろしいw

おまえはCDハゲタカファンドかっ!ってつっこみたくなりますが、電脳で買占めとかやっては金がいくらあっても足りませんw 物も本当に状態がいいのか、キズものなのか、ネットだと買ってみないと分からないところがありますし、半端なくリスク高いと思います。

在庫セールスの場合は売上、経理上の利益、キャッシュフローの違いをよく捉えていないと〇されますのでご注意を。

 

さて、この手法は論外として、一線級の人は電脳せどりで喰ってる人もいますけど、結局、ツールが進化すると電脳せどりは有効な打法ではなくなる気がしています。仮においしいのがあっても、プログラムの反応速度、もうコンマ数秒差の勝負になります。

また電脳せどりは、ある程度の在庫量をかかえるまで資金も必要(仕入には送料もかかります)で、かつ、電脳で利益の取れるものを安く仕入れるには、そんなに人気の無い商品が中心になります(人気の商品は値段が下がりません)。すぐには売れにくく、キャッシュフローをポジティブに転換させるには長い時間が必要だと思います。

この辺の理解をしていて電脳せどりにチャレンジしないとダメですね。

ただ、1000円→5000円みたいな宣伝文句に踊らされてしまいますとだいたい失敗するのではないかと思います。

しかしこう、某A式せどり塾(超高額w)がまた販売される言うのを見ると、いまだ、せどり信仰が生きているのか?というのが正直な感想です。〇〇せどり塾とか”せどり”という言葉を使うと売れるんでしょうかw ヤフオク→Amazonの転売など考えつくされて、ほとんどやり尽くされている気がしますが^^;

電脳牛

PR:ライターさん募集案件