かつて勤めていたある会社の上司(課長)は、メールが大嫌いで何をするにも電話を使っていました。

ちゃんとPCは使いこなせますし、メールが出来なかったワケではありません。

なんで、その上司が電話好きかと言うと・・・

会社でやたら忙しそうに電話してギャンギャン叫んでいると、仕事を頑張っているように見えますから、上層部へのアピール(パフォーマンス)に最適です。

アホ上司の目的の80%はそんな理由だと思われましたw

その上司は会社に出社したらいろんなところに電話して叫ぶのが習慣になっており、たまに役員や社長が巡回してきたときなどは絶好のアピールチャンスとばかりに音声ボリュームが2倍になりますので周りはたまりませんでしたww

また、その上司としてはメールで部下に指示すると証拠が残ってしまうので電話を使っていました。

ミスリードで仕事で失敗しても部下が相手なら「あれ?、私がキミにそんな指示を出したか?」で揉み消せます。

残りの理由がこれでした┐(´д`)┌

電話上司は泣けるぜ

ただ、部下としてそんな上司に仕えるとこれが最悪です。

四六時中その上司から電話が来て鬱陶しいですし、こちらからの報告も電話を強要されます。

真夜中の2時3時に「あの案件の報告来てないんだけどどうなった?」と帰宅後、こっちが寝てる時間に電話して来られると、さすがにこいつ基地外やなって思っていたんですが、直属の上司に「あんた、どんだけ出世したいねん?、一回病院行った方がええで。」とはなかなか言えないもんです。

また添付資料があったりする場合でメールのほうが分かりやすい案件もまず電話で伝えねばなりませんでしたw

仕方なく、「これから○○の件の進捗、メールで詳細送りますんで。」とその上司に電話してからメールの送信ボタンを押さなければならないと言うアホな作業もやっていましたね。

電話上司の対処方法

こういう上司に当たったときの対処法ですが、残念ですが運が悪かったと思って諦めるのが最善手です。

そんな状況下では、

・我慢して仕事を続けるか?

・ブチ切れて辞めるか?

の二択と考えましょう。余計なことを考えると心労の種が増えてしまいます。

よくあるインチキ仕事術に書いてあるように上司と話し合って変わって欲しいなんて思うのは時間の無駄です。

喧嘩するのもやめましょうね。こういう輩と戦うのは人生の損失と心得てください。辞表叩きつけたほうが100倍マシです。

いい年こいた人間がそうそう変わるものではありませんし、こういう生産性の悪いことが好きな人間は支配欲が強く、自分より下の人間の話をまず聞きません。

しかも部下に意見されると相当イラつく可能性が高く、場合によっては嫌がらせ、パワハラなどの報復措置を取られます。

さらにこういう上司がタチが悪いのは、自分より上のポジションの意見はしっかり聞き、”わたし頑張っていますよアピール”に長けているので出世しやすいんですねww

ちなみに私が不運にも当たってしまったそのアホ上司も見事に出世してました(^p^)

会社とはそういう側面がある組織体なんです。

気をつけてください。

ワンポイントアドバイス(^p^)

いくら金を稼ぐためとは言え、あまり我慢を続けて病気になっては元も子もありません。今は終身雇用の時代でもありませんから、バックれるのもアリかもしれませんね。

ワイもそんな上司にあたって数年も我慢しちゃいましたが、今から思うと時間の無駄でした。

そういうアホ上司は下がどんどん辞めていなくなるので、自分だけ我慢しててもなかなか移動させてくれないんですよwww

人事が「ん、こいつはなかなか耐性があるな!」って思うんで。

それでいてアホ上司手当みたいなものは付きません。逆に査定はシブいですw

そんなこんなで、数年後・・・

結局最後はこっちが辞表を出してチャンチャンとなりました。

辞めたあとに会社でお友達だった人たちと酒を飲んだら、ぽろっとワイの評価に対する本音を聞きました。

あまりワイの事を知らない社員からは、

「あんなドアホの下で何年も仕事してるんやから相当のM男なんやろ。」と言われていたそうですw

我慢もほどほどにするべきなんでしょうwww

 

まあ、会社なんてどこも似たり寄ったりです。

あまり悩まずに行きましょうね(^p^)