恥ずかしい話だが一人暮らしはかれこれ25年以上か。

25周年記念でそろそろ嫁さんが欲しいのは言うまでもないのだが、そろそろ食事に気をつけねばならん年齢である。

これまで料理はまったくのド素人で、三食はほとんど外食に頼ってきた。

最近になり、仕事もサラリーマンから自営業者へと変わったので、『いっちょ、自分でうまいもん作ったろか!』と最近この手の本を読み始めている。

前記事「年収100万円の豊かな節約生活」もしかり、今回の『ひと月9000円の快適食生活』もしかりである。

せっかく自分で何か作るとなれば、できるだけ、コストをかけず、おいしいものが作ってみたかったからである。

『ひと月9000円の快適食生活』

この書物、随筆風に書かれた料理レシピで、とにかく手間暇、お金をかけずにおいしい料理を作ろうぜ!というコンセプトで書いていると思われる。

数頁見ていくと、なんだ、俺にも出来そうだな!って思われるレシピの数々をユニークな文章でつづっている。

いい加減さ、適当さも料理には重要、料理本として敷居の高さは全く感じられず、読むだけでもおもしろい。

最後まで読んでみると、著者、魚柄 仁之助氏の思想(料理哲学)は、

余分な無駄を出さないこと

簡単であること

おいしいこと

の3つに集約されるのではないだろうか。

日持ちしない野菜なども日干し「乾物」にしてしまい保存食へ回し、とにかく食べつくす。

通常捨ててしまうようなものもこうして食べると旨いよとかね。

けち臭いというのではなく、どちらかと言えばエコロジーというか、環境の負担を極力減らし、無駄な物をなくす、それでいて美味しい料理を手間なく作ろうよ!そういった氏の思想がうかがわれる一冊である。

慎ましい生活でいて贅沢な生活と言えばいいのかな。

なかなか意味の深い料理本だと思った。

Youtubeでも魚柄 仁之助さんのいくつかのレシピが共有されているので、興味のある方はどうぞ!

こちらは魚柄 仁之助さん宅に、TVの取材がいったときの映像。確かに現代の仙人のようだw

公式サイト
http://www.ne.jp/asahi/uotuka/official/index.html

アマゾンの魚柄 仁之助 書籍一覧です
節約料理は実に奥が深い。

節約料理

 


HAGEDARUMA

with

賢威ver.7.0