アベノミクスで景気が良くなるはずなのに、物価と税金があがっただけで、一向に何もよくなる気配がありませんw で、相も変わらず節約・倹約の毎日なのでありますが、あまり過度にやっていると、ときどき暴発して散財したくなってしまうという病気が出てしまうので、それなりに進めております。
ブックオフの本には「楽しく節約!〇〇円貯金」みたいな古本が並んでいますけど、あんな節約方法なんて序の口も序の口。でそのうち節約・倹約のスキルがあがってくると、もうこれ以上打つ手がない!みたいになってしまうので、やり過ぎもほどほどにしないとストレスが爆発しますねw 山崎寿人先生や魚柄仁之助先生なら別かも知れませんが、私のような未熟者にはつらいものがございまする。

さて、先日、書籍とCDを整理して、ブックオフかどこかへ売ろうかと思ったんですが、Yahooが買取サービスを始めた情報を目にしました。ブックオフだとほとんど値がつかないので、こっちに売ってみてもいいかな?と思い見てみると、買取の値段に納得いかない場合、返送料金が無料のようですね。これならまだ安心かな?ブックオフには無いサービスをつけてくれるようですが、また始まったばかりのようので、それほどネットでの評判も目にしません。

しかし、よーく考えてみると、Yahooもブックオフも禿の出資グループな訳で、とすれば査定はブックオフの基準に近いのだろうか?独自基準なのか?しかし、なぜYahooがここで買取に独自参入したんだろうか?うーん、結構謎だなあww
それにしても、買取業界もブックオフから、アマゾン、Yahooへと大手企業が続々と参入しているようですが、これからいったい何が起きるのでしょうか。ブックオフも店舗を大幅に縮小したりそれほど儲かっている感じにも見えませんし、世の中よく分かりませんねw

安倍政権の支持率もだいぶ下がってきて、7/19現在39%になっているようです。安保法案の理由が大きいようですけど、アベノミクスの看板掲げてエラそうなこと言って、物価と税金だけ上がって株や外貨をもたない私のような低所得自営にはまったく何の恩恵もないまま、ブっ倒れないように頑張っていただきたいと思う所存でございますw

PR:ライターさん募集案件