雑誌の処分

雑誌の片付けは面倒臭いですよね

お家の断捨離や大掃除をしようとして、やっかいな存在なのが雑誌です。

ファッションや料理、ゴルフや仕事術、漫画、アニメやアイドル雑誌などけっこう頻繁に買っては捨てられずに部屋にたまってしまうという人が多いのではないでしょうか。

「また読むんじゃないか?」

「せっかっく買ったのに捨てるのモッタイナイなあ。」

「重いし整理がめんどくさいわ。」

そう思ってついつい整理整頓を後回しにしてしまい気が付くと雑誌の山ができてしまうことがありますよね。

そんな大量の雑誌も時間が経過すると雪崩?が起きてしまう危険もありますから、思い立ったら早めに処分して断捨離しちゃいましょう!!

雑誌を処分する基本 捨てる場所は?

ふつうのゴミ捨て場に出す

雑誌を捨てる場合、ほとんどの地方自治体ではゴミ捨て場に持っていき資源ゴミで出せばいいと思います。

ビニール製の紐でくくり、きつく縛って資源ゴミの回収日に持っていけばOKです。

ダイソーなどの100均ショップでは、↓のような便利グッズが売っています。

雑誌が大量にあって一束ずつ縛るのが面倒くさい場合は探してみるといいかも?

 

 

雑誌も大量になると、紐で縛るのもめんどくさいですし処分に時間がかかります。

さらにゴミ捨て場まで持っていくのも重くて大変です。

ゴミで「捨てる派」の人はできるだけこまめに処分するほうがいいですね。

 

ネットで処分する

ジモティーというサイトをご存知でしょうか?

個人間で無償・有償で不用品を取引することができる掲示板です。

このサイトを使っても不要な雑誌を処分できます。

取引内容を見てみると、1~2冊の不要になった雑誌を最寄り駅などで手渡しで欲しい人にあげている方がいらっしゃるようですね。

↓雑誌のページはこちらです。

https://jmty.jp/all/sale-boo/g-1612?max=0&min=0

無償で郵送する場合は封筒や段ボールなど梱包材の手配と送料が必要になりますので注意してください。

また、大量にあって運べない場合は見知らぬ人が自宅に取りにやって来ることになりますから慎重に使いましょう。

怪しい人も出没しているようですので・・・。

雑誌を売ってみる

雑誌を売る

古雑誌はメルカリ・ヤフオクを活用する

雑誌の処分にメルカリやヤフオクで売ってみる方法もあります。

メルカリはもともと出品するだけなら無料ですし、ヤフオクも現在はスマホアプリ側から出品すると無料(プレミア会員の登録なし)でできるようになったので便利です。

「雑誌なんて売れないでしょ?」

と思うかもしれませんが意外に売れるのが雑誌です。

これはマジです(๑• ̀д•́ )

私も以前、「どうせ売れないだろ?」と思っていたのですが暇なときに古い雑誌をヤフオクに出したら逆にバンバン落札されてビックリしたことがあります。

なるほど、

調べてみると2000年前後くらいの発行か、それよりも昔の古雑誌はヤフオクで人気があるようですね。

 

ただし、

よほどレアな雑誌を除けば落札単価はかなり安いです。

雑誌の新品定価が安いものが多いのでやむをえませんが、売れてもせいぜい一冊数百円です。

このため落札者さんと連絡のやりとりや発送作業が正直言うとかったるい部分があります・・・

大量な雑誌はまとめ売りも可能

同じ雑誌のバックナンバーを大量にもっている場合は全部まとめてオークションに出してもOKです。

例えば、

「雑誌○○ 2015年12月号~2017年11月号 バックナンバー24冊セット♪ 送料無料♪♪」

みたいな感じでヤフオクに出品するんですね。

※♪はあってもなくてもいいです(念のためw)。

まとめ売りでうまく落札されると1冊1冊梱包する手間が省けますし、落札金額もそれなりになると期待されるので単品で売るよりはだいぶ楽できる方法だと思います。

ただし、まとめ売りの場合は単品で売るよりトータル金額が安くなってしまうでしょう。

一冊ずつバックナンバーで出品するほうがより多くの人の需要が期待できますからね。

メルカリ・ヤフオクで売る場合の注意事項

メルカリ・ヤフオクを使って自分で雑誌を売る際には注意事項もあります。

う、売れん・・・(´;ω;`)

もちろん、出品しても売れない場合があります。

「せっかく綺麗に写真を撮って商品説明もしっかり書いたのにどうして(´;ω;`)?」

って思うかもしれませんが、こればかりはその雑誌の需要・供給のバランスで決まるのでどうしようもありません。

売れなければ再出品してもいいですし、アクセス数がほとんどないようなら諦めてもいいでしょう。

逆にアクセス数は多い(二桁後半~三桁)のに売れなければ、設定した値段が高すぎる可能性が濃厚です。

可能ならもう少し出品価格を下げてみてください。

安くすれば入札されると思いますよ。

怖い地雷からのクレーム

雑誌の場合はページの折れ・汚れ・水濡れなどの痛みがあると、のちのちクレームになることがあるので少し注意が必要です。

出品するほうは雑誌全部のページを検品できないので落札者さんにクレームを入れられるとやり取りが面倒なんですね。

私の経験的に、オークション参加者のほとんどの方は紳士的で良心的です。

このため品質に問題があってもビジネス的に話をすれば(値引きや返金)すぐ解決するのですが、まれに”地雷”を踏んでしまうことがあります。

地雷に当たっちゃうと筋の通らない話や理不尽な話を延々と続けてくるので相手するのが大変になります。

もしそんなクレームが心配なら、

地雷対策として「ジャンク」扱いにして出品するといいでしょう。

特に昔の古い雑誌を売る場合は状態が悪くなっている可能性もあり怖いですからね。

「ジャンク」品にはクレームをつけないのが暗黙のルールなので安心です。

(それでも何か言ってくる地雷がいるかも?しれません・・・、聞いたことはありませんがw)

大量なら雑誌を買取に出す

自分で売るのはちょっと怖い、でも、たくさん処分したい雑誌があればブックオフ↓などのリサイクルショップに買取に出してもいいと思います。

ブックオフ雑誌買取

ブックオフでは雑誌に値段が付くかどうかは店舗により扱いが異なりケースバイケースのようです。

私の経験上は基本的に新しい雑誌であれば買取を期待できると思います。

ただ、

残念ながら大手のリサイクルショップではあまり古い雑誌は買取してもらえません。

そのショップごとに取り扱いはさまざまなようですが、例えば買取可能な雑誌は発行から6ヵ月以内とか発行から1年以内というルールが設定されています。

このため雑誌の処分にリサイクルショップを使う場合は読んだらできるだけ早めに買取してもらうのがコツです。

本当は2~3カ月分の雑誌がたまったらすぐ売りに行くのが正解なんでしょうね。

古雑誌の宅配買取ショップ

確かに早めに買取に出すのがいいのですが、「雑誌を買ってから知らず知らずのうちに時間が経ってしまった・・・(´;ω;`)」という方もいらっしゃるでしょう。

仕事などで忙しく片付けする暇がないときもありますからね。

 

そんな困った場合は古い雑誌も買取をしているショップさん↓があります。

もったいない本舗

山梨県南アルプス市にある雑誌を積極的に買取してくれる古書店さんです。

過去、私も雑誌の大量処分をしようとしていろいろなリサイクルショップをあたってみた経験があるのですが、なかなか何年も前の古雑誌を買ってくれるところは見つかりませんでした。

このため、古雑誌を買ってくれる貴重なショップとしてここを知っておいて損はありません。

大手リサイクルショップでは買取不可(NG)の古雑誌でも査定してくれる可能性がありますので。

 

雑誌買取

 

ただ、雑誌の買取には一定の条件があるのでサイトの注意書きを読んでよく確認してください。

・雑誌の厚み2cm以内

・2009年度以降の雑誌に限る

・厚み2cm以上の雑誌(ジャンプやマガジン)、アダルト雑誌、コンビニ漫画雑誌、通信販売の雑誌はNG

・付録なし、折れ・破れ・痛み、書き込み、シールやスタンプがついたものはNG

(※2018/8の情報です)

雑誌買取条件

 

もし買取の条件を満たせば段ボールは無料でもらえますし、着払いも可能です。

古本の場合、冊数は30点前後~でOKだそうです。

買取条件2

 

大量に処分したい雑誌があれば、こちらを利用するのもいいと思います。

買い取ってもらうほうが紐で縛って捨てに行ったり、自分で売ったりするより早いし楽ですからね。

もったいない本舗

それでは、雑誌の断捨離がんばってください!

雑誌の処分方法(断捨離)について

・自分で捨てる、ネットで処分する

・メルカリやヤフオクで売ってみる

・リサイクルショップに買ってもらう

の3つの方法をご説明しました。

処分したい雑誌の量や発行された年度に合わせてうまく使ってみてください。

 

経験的に雑誌の断捨離が成功するとかなり部屋のスペースにゆとりができてスッキリしますよ。

ぜひいい気分を味わってください。

(^p^)b