いらなくなった家具の処分

断捨離や引っ越しなどの際、いらなくなった家具の処分に頭を悩ませる方は多いでしょう。特にベッドや収納箪笥、棚、机などは重く大きいので大変です。

「どこかで買い取ってもらえないか?二束三文で構わないから。」

そう考えるのが人情ですが、人気のデザイナーズ家具やアンティーク家具を除けば、中古家具で高い値が付くことはほとんどありません。

重たい家具をリサイクルショップに持ち込んでも、これは買取できないと断られ、「タダでもいいから」とお願いしても、いや引き取りも厳しいと店員さんに渋い顔をされる、なんてこともあるでしょう。

一般家庭にあるごく普通の家具であれば、いかに低コスト、低労働で処分するかという戦略を立てる方が賢い選択です。

1.ごみとして捨てる

不要な家具は、自治体のルールに従いごみ収集で処分するのが標準的な方法です。粗大ごみの場合は、回収の予約をおこない処分シールを買ってきて貼って捨てるのが一般的です。

結局ごみとして捨てるのが一番早い家具が多いかもしれません。

2.リサイクルショップに買取を依頼する

リサイクルショップに査定を依頼してみることはできます。

ブックオフの大型店舗では家具も売っていますので、店舗まで持ち込めば買い取ってもらえる可能性はあります。

ブックオフの大型店が近所にないなら、「家具の買取」などのキーワードで近くのリサイクルショップを検索してみるか、無料見積サイトの【おいくら】を使うと便利です。

ただし、真新しい高級家具や、デザイナーズ家具、アンティーク家具でないなら「まあ値段がつけばラッキー!」くらいで行きましょう。

いらなくなった家具なら、場合によっては引き取ってもらえるだけでもありがたいです。

3.ヤフオクやメルカリで売る

家具をヤフオクやメルカリで出品してみることは可能です。100%売れないわけではありませんが、よほど流行のモノ(ゲーミングチェアなど)やデザイナーズ家具、アンティーク家具の部類でないと高値がつくのは厳しいと思います。

今は家具の新品価格自体が下がっており、例えば「アマゾンで新品が1万円以下(送料無料)で買える家具を、中古でヤフオクやメルカリで買うのか?しかも送料数千円も出して・・・」と考えると疑問が残ります。

また、大きい家具は発送時の梱包も厄介です。段ボールに入れるのか?シート状の梱包材で囲うか?など・・・、予め考えておく必要があります。

ただ、出品自体は無料ですし、売れれば環境保護にも貢献できますから、時間があれば挑戦してみるのも悪くありません。

雑誌を売る

4.ジモティーでタダであげる

ヤフオクやメルカリで売るよりは、ジモティーでタダであげる方が処分できる可能性が上がります。

筆者もジモティーで新品で5千円くらいで買える小型の洋服ダンス(木製)を処分した事があります。ダメ元で出品しましたが、ほしいと言って取りに来た方は外人の女性でした。

ジモティーでは、「金目のものはないか?」とリサイクル業者のプロの人達が目を光らせていますが、そういった方々からは全く連絡がなかったので、これは欲しいと思う人(業者ではない一般の人)とタイミングがドンピシャで合ったからだと思います。

うまくタイミングさえあえば処分できるでしょうが、しばらく日数が経過してもダメなら諦めたほうがいいかもしれません。

5.不用品回収業者を使う

引っ越しなどで時間がない場合は、不用品回収業者を使うことも検討しましょう。

不用品回収業者については、「怖い評判も聞くし、ボッタくられるんじゃないか?」と思う人も多いでしょう。

「どこの不用品回収業者に頼めばいいのか?」

地元で信頼できる不用品回収業者を知っていればいいのですが、そんな人は少ないです。

筆者の場合、ゴミナビというサイトで相見積もりを取りました。

過去2回使いましたが、どちらの回収業者も対応よかったです。

1回目がソファーとベランダのプランターを処分して12,000円、2回目が金属製の重いラック3台を処分して2,500円。

どちらも事前の見積どうりの請求です。

このサイトがいいのが、見積を取る段階では匿名でよく、実際に業者を選んで回収を依頼する時点で住所氏名を明かせばいい点です。わりと気軽に利用できます。

6.家具を買う時は処分時の大変さも考えよう!

今はモノを捨てるのにお金や労力を取られる時代になりました。

年々ごみの処分は厳しくなり、少し分別を間違えると回収してもらえなかったり、ごみ袋に名前を書いて収集所に出す地区もあるようです。

特に大きな家具を買う場合、捨てるときの大変さも頭に入れておくのが得策かもしれません。