今、消費税10%の話題が世間を騒がせています(^ω^)

安倍首相「消費税10%宣言」は経済的負け組への第一歩かもしれない

10月15日に安倍首相は来年10月に消費税率を予定通り現行の8%から10%へ引き上げることを表明した。同日夜に行われた記者会見で安倍首相は、消費税率引き上げによる消費の落ち込みを軽減させるための措置として各種の軽減税率や自動車、及び住宅取得に係る減税措置の導入などを盛り込む方針であることにも言及した。さらにこれに加え、「国土強靭化」のための公共投資拡大の方針にも言及した。

消費税8%→10%へ

社会保障費の増加やガソリン代などの物価の上昇に加え、消費税を2%もアップされたら「もうやってられない!」というのが我々庶民の素直な感想ではないでしょうか。

生活の知恵をあれこれフル稼働させて節約しても、最近は生活コストの上昇をなかなか吸収できませんからね。

かと言って給与(収入)などほとんど増えていない人も多いでしょう。

しかし、

残念ながら大金持ちの二世三世が多い政治家や財務省の高給官僚は一般庶民の生活感覚と大きくズレてますから「たった+2%くらいでごちゃごちゃうるさい国民やのう・・・やかましいわ。日経平均株価は鰻登り、失業率も改善してるんやから文句言うな、ボケ!」と思っているのかも?知れません。

当たらずとも遠からずといった感じではないでしょうか・・・(^^;)

 

ただ私は、消費税が8%のままにするべきか、10%に上げるべきかの議論の前にもっとやるべきことがあるんじゃないか?と思うんですよ。

要するに、国民がどれだけ死に物狂いで血税を国へ収めても、金を使う政治家がバンバン大判振る舞いをして予算を垂れ流してしまえばいくら国庫に金があっても足りません。

例えば、

・バラマキ財政

・バラマキ外交

・政治家のお友達企業の優遇や天下り企業への垂れ流し

・有力政治家へ忖度する高給公務員の給料や退職金

・国会議員の給料や議員数の増加(+6人って何w?!)

などなど。

この辺のコスト削減の努力や使途の検証、あるべき論の議論を国民の前で一切しないで、増税ばっかりやってもなあ・・・。

 

しかし国会議員数なんて、こんな小さな国でなんで何百人も必要なんですかね?・・・

わざわざ国会に何百人も結集するのはネットの発達した現代で意味が分からんです。

明治時代~昭和初期と同じことやってますから。

資源の乏しい国である日本が、欧米に率先してそういう無駄を改善してもいいと思うんですけどね。

どうなんでしょうか。

 

ちょっと昭和風の例えになってしまいますが、

今の日本は、真面目なお父ちゃん(国民)が毎日頑張って会社で働いて稼いでも、見栄っ張りで西欧かぶれのお母ちゃん(政治家や高給官僚)が高い服や食い物、娯楽費に金を使い込んで貧乏になってしまった家庭のように見えてしまいますw

なんとなくそんな感じがしませんか?www

 

さて話を消費税に戻しまして(^ω^)・・・

今回消費税を10%にしたところで、そのうち財務省のトップがまた言うでしょう。

「総理、消費税が10%では全く足りません、消費税を12%にしましょう!」

って(^^;)

 

そして・・・

しばらくしてホトボリが冷めたら財務省がまた言うでしょう。

「消費税が15%では全く足りません、そろそろ消費税を20%にしましょう!」

って(^^;)

これじゃキリがありませんよね?

やがて・・・

国民(庶民)が餓えて4んでしまうか、キューバのカストロみたいな人が現れて革命が起きるまで消費税の増税が続いてしまいます。

財務省は金が足らなくなると「消費税を増税しましょう!」と言いますからね。

自分たちのリストラや業務効率の改善には一切触れずに・・・。

 

結局、国家予算が妥当に使われているのかどうかの検証や説明がうまくできていないので、消費税を何%にすべきかなんて誰にも分らないんだと思います。

 

こういう不透明さが良くないと思うんだよなあ。

とりあえず目先の課題を消費税の税率を上げて解消してるだけで。

こういった愚策が日本に明るい希望をもたらさず、少子高齢化を加速させている気がして仕方ありません(^ω^)

所得も減る一方で将来の不安が増している状況では、若い人も安心できないでしょうし、なかなか結婚して子供作れませんよねえ・・・。

残念なことです。