アマゾンがあまりにも便利なので、ほとんど通販になってしまった我が家。生鮮食品以外はアマゾンで買う事が多いですね。

一部の雑貨(ティッシュや洗剤、トイレットペーパーなど)はヤフーのLOHACOでまとめ買いすると安いかな。しかも自宅まで持ってきてくれるので、大して安くもないスーパーから大きな袋に入れて持って帰る必要がないのは便利すぎます。

しかしアマゾンはあくまで外国の企業。本心は、日本企業でもアマゾンのようなショッピングサイトを作って欲しいという希望はあります。楽天があるじゃん?って、言うかもしれませんが、楽天はショッピングモール形式のため、規模の経済を追求できません。

どうしても配送料が高くなってアマゾンには値段で差をつけられてしまっていると思います。まあ、楽天のほうがポイントは貯まりますが、ポイント分考えてもアマゾンのほうが安いという商品は多いのではないでしょうか。アマゾンと楽天の値段を比較しながら買うようにしてますが、アマゾンのほうが安いことが多くて最近はあまり使わなくなってきました。

すこしだけ、アマゾンより安いと思うのがヤフーのLOHACO。雑貨や菓子しかありませんが、単品価格が比較的安く、送料は2000円以上の買い物で無料になるので、ティッシュやトイレットペーパー、洗剤はこっちで買うようにしています。

激安店のセールと比較すれば割高かも?知れませんが、普通のスーパーなどと同価格か、多少安い印象があります。またTポイントを使えますし、ハピタス経由にするとさらに+1パーセント上乗せでポイントが付きますのでお得感があります。

でもまあ、、

楽天にせよ、LOHACOにせよ、品揃え、価格、送料などで世界のアマゾンにはまだまだ敵わないような感じはします。日本の企業には、合同作戦でもしてもらって、アマゾンに対抗するようなショッピングサイトを作って欲しいところです。でないと、オンラインの消費者物販ビジネスはほとんどアマゾンに奪われる気がして仕方がありませんし、独占が進むと消費者にとってもいいことがありませんしね。

楽天とヤフー、ブックオフ、駿河屋、西武、イトーヨーカ堂、マツモトキヨシあたりと国が手を組んだら、打倒アマゾンみたいな日本版ショッピングサイトができてもおかしくはないのですが。社長はホリエモンでねw

さんざん、アマゾンで買物している自分が言うのも変ですが^^; 日本の企業に、もっと頑張ってほしいなあ・・・