ゴミとして捨てていたけど実は売れるものが多い

メルカリやラクマ、ペイペイフリマなどのフリマアプリの進展で、一般消費者どうしのモノの売り買いであるC to C ビジネスが全盛を迎えています。副業とは言えないまでも、自宅の不用品をフリマアプリで出品したり、欲しいものをフリマで買ったことがある人は多いでしょう。

その結果、リサイクルも盛んになり、今まではゴミとして捨てていたものにも実は需要が存在し、売れるものが分かってきました。

今回はその一部を紹介しますので、次回の出品に参考にしてみてください。

1.空のプリンター用インクカートリッジ

過去記事の実はフリマで売れる!家庭用プリンターの使用済みインクカートリッジの処分方法で紹介しましたが、なかなか人気があります。買う人は、補充インクを入れて使用するか、補充インクを入れてリサイクルインクとして販売する業者さんと思われます。

引用:メルカリ

リモートワークや副業でプリンターのインクをたくさん使う人は要チェックです。

2.ブランド品の紙袋や外箱(のみ)

女性の方はたくさん持っているかも知れません。

特にハイブランドや人気ブランドの紙袋や外箱は、フリマでもネットオークションでも数多く出品されており、売れています。

引用:メルカリ

また、ブランドでなくとも、素材のしっかりした書店やスタバなどの紙袋は、数をまとめれば売れるようです。

3.結婚式の引き出物

おつきあいが多い人は結婚式の引き出物が収納の中に溜まっていませんか?

「高級なものだけど使う予定がないんだよ。」

ということであれば、フリマやオークションで売ることができますし、未開封の状態であればリサイクルショップで買い取りしてくれるものも多いです。

ずっとしまっておくより使ってくれる人に譲るという考えもいいでしょう。

4.壊れた家電品、取説、リモコン

壊れてしまった家電品もジャンクとして出品すれば売れます。

モノにもよりますが、買う人は、修理して再販売したり、中の部品を取るために一定数存在しますから、壊れていても諦めずに出品してみる価値はあります。

※ただし、定価が安く、代替えの新品がいつでも買えるような商品は売れない可能性が高いです。

※出品する際はジャンク品として状態を詳しく書きましょう。(通電するけど動かない、動くけど途中で止まる、部品の○○が無い、など)

また、取扱説明書やリモコン単体でも売れる場合があります。

5.企業のノベルティーや無償配布のカタログ

会社のイベントなどで配布されるノベルティーやカタログ(車やバイク、LEGOなどが人気)は売れることがあります。

引用:メルカリ

特にハイグレードの商品を扱う会社のノベルティーは高値がつきます。

また、表紙が芸能人・アイドルのカタログ(携帯電話など)はその芸能人の引退や解散などでお宝に化ける可能性があります。

その他にもいろいろ

フリマアプリを使って気軽にモノの売り買いができる時代です。

「これ捨てるしかないのかな?」

と思っても、一度はメルカリなどでチェックして売れるか売れないか確認してみるのもおすすめです。

上記1~5で説明したもの以外でも、

・古新聞

引用:メルカリ

・ハンガー(一定量が必要)

引用:メルカリ

・牛乳パックの箱

引用:メルカリ

・トイレットペーパーの芯

・地域のフリーペーパー

・ダムカード

・ベルマーク

・ペットボトルのキャップ

・フリスクの空き箱

・懸賞用の応募券、割引券

・マックなどの子供用セットのおもちゃ(食玩)

などなど。

普段はごみとして処分して捨ててしまいがちですが、フリマでは欲しい人がおり売れる可能性があります。

これ以外にも「ひょっとしてこれ売れるんじゃ?」と思ったらぜひ挑戦してみましょう。

日常生活が一変するかも?しれません。