不用品の処分に「ゴミナビ!」使ってみた(2回目)

ゴミの分別がやたらと厳しくなった現代日本。最近困るのが不用品の処分です。

さて、昨年の暮れ、ボロボロになったソファーなどを処分するのに「ゴミナビ!」を使ったのですが、そのときやってきた回収業者さんが親切で料金も安く心証が良かったのでまた使ってみることにしました。

ゴミナビ!

ゴミナビ!は、日本最大級の不用品・粗大ゴミ、遺品整理、不用品買取など、日本全国の回収業者をまとめた口コミサイトです。

①トラブルの際に最大10万円現金保証、②契約が成立した時点で個人情報が公開されるプライバシー保護システム、③厳正な基準をクリアした業者だけを紹介するサービスの3つのポイントが売りです。

昨年の記事は↓です。

不用品回収業者は危険か?一括見積を使って不要なトラブルを回避しよう!

今回の処分品は鉄製の大型パイプ・ラック3台などです。

まだ普通に使えるものなのですが、高さの問題で使いにくいことから思い切って処分することにしました。

私はリサイクルできるものはブックオフに持ち込んだり、ジモティーで無料で差し上げたりするほうなんですが、鉄製のパイプラックはいかんせん重く、そして大きい。

運搬などするにも危なっかしいので流石にプロに頼んだ方が良かろうと思いました。

そこでゴミナビ!で一括見積をリクエストしました。

処分したいものの写真をキレイに撮影して添付してあげるといいです。

すると概ね24時間以内に↓のような感じでたくさんのの回収業者から見積が届きます。

見積メールの中身は↓こんな感じです。

今回は8,000円~12,000円で処分料金の見積が届きました。

じゃあ8,000円のことにお願いしようかと思ったら、最後の最後に来た見積の不用品回収業者さんが激安の2000円だったのでありがたくハンマープライス!

約束の日に普通にやってきて、見積の料金どおり2,000円で回収していただけました。

シールを買って粗大ごみで捨てても同じくらいのお金がかかったのでこれはラッキーでした。

こちらの業者さんが激安なのは、写真を見ておそらくリサイクル品として販売して利益を出せると見た為でしょうね。

ゴミナビで見積を取るポイント

ゴミナビで見積を依頼する際は、不用品の写真をきれいに撮影しましょう。リサイクルできそうな不用品の場合、処分料が格安になることがあります。

処分していただいてもいいし、リサイクルしてもらってもいいのですが、こちらとしては処分費用が安くあがって御の字っです。

このゴミナビ!ですが、例えば首都圏だと業者さんも多いので使い勝手がいいと思います。前回は12,000円で量があった割には安く処分できましたしたし、今回は2,000円です。

不用品回収業者が多い地区だと競って見積をしてくれるおかげで処分費が安くなる可能性が上がりますね。

HD.ARUMA

ただし、業者の少ない地方の都市だとどうなのか?その辺はちょっと分かりません。

気になった方は、「ゴミナビ!」を一度チェックしてみてください。

ゴミナビ!は見積を貰う時点では住所や氏名は業者に公開されませんので使いやすいです。

HD.ARUMA

利用者のプライバシー保護にしっかり配慮されていますよ。