前回の記事 手っ取り早く金を稼ぐ 即金の方法 で少し紹介した”せどり”について。

せどりって何?というところから説明すると、最近はブックオフなどの中古店舗で古本を買い、それをアマゾンやヤフオクで販売し利ザヤを稼ぐといった手法です。

一時は月に100万円以上稼ぐ(※正確に言えば売上だと思われる)ツワモノのセドラーさん(セドラー=せどりをする人)が出現し、情報商材やセミナーもガンガン発売されましたがw、現在はかなり下火になってしまったようですね。

原因はせどり業界もノウハウが知れ渡り、飽和化しはじめたことや、メインの仕入先であるブックオフのセール廃止などの影響が効いているみたいですね。ブックオフのセールがあった時代はセドラーが数十人以上、店の開店に並ぶことがザラだったようです。

せどりの手順はすでにいろいろなサイトやブログが紹介していますので割愛しますが、これから副業で参入するにはうま味が落ちているゾーンと言えるでしょう。

こんな流れで、いままでは古本(CD・DVD)をメインにしていたセドラーさんも家電転売やおもちゃ(ホビー)転売、輸入・輸出その他の商材に流れ始めているようで、Infotopの売れ線情報商材をちょっと見ると、今こんなやつが人気のようです。

管理人の感想としては、ブックオフの古本を100円で買って500円や1000円で売るなら、まだリスクが少ないので副業ですけど、家電転売やおもちゃ(ホビー)転売の場合、すごい金額の売上は作れそうですが、単品の仕入れは@1000円~数万円になりそうで、それなりに大きな資金が必要であり、かつ売れ残った場合のリスクも高くなり、ちょっと副業ベースに乗せるのは難しいのではないか?という気がします。

卸か商社の経験があると分かると思うんですが、利幅の薄い商売でもイケるのは、メーカーに返品が効くからで、バーゲン品を小売りから買っても(せどりしても)、売れ残ったから返品することが出来ませんよね?これすごい在庫リスクですよ。売れ残りのほとんどない神業の目利き力が要りますw

加えて、神業の目利き力で、もし売上が拡大し、年間1000万円を超えると消費税を納税する必要がありますし、ちょっとした”副業”では無くなりますね。資金とリスク管理の重要な完全な”事業”です。

 

次に、ebay(やAmazon U.S.A)やタオバオを使用した輸出、輸入ですが、さらに難易度は上がりそうです。

ebay(やAmazon U.S.A)での販売は多少英語ができれば可能ですが、安価品の場合、SALなどのトラッキング番号のない輸送手段が主となるため未着クレームなどのデリバリーリスクが高く、高級品の場合は詐欺や品質クレームなどに対応しなければならず国内よりは計算できない部分(手間)が増えるのは確実と思います。

タオバオで輸入する場合、ものがよくて、かつ国内でコンスタントに売れるものを見つけるのは結構大変で、時には粗悪品にもぶつかるでしょう。加えて中国→日本への輸送コストは結構高く、また強度の弱い商品は輸送中の破損リスクもあります。

輸出にせよ、輸入にせよ、国内取引よりはかなりハードルが上がると考えていいのではないでしょうか?。ちょっとInfotopの売れ線情報商材を見ると、こんなやつが人気のようですが・・・。いやあちょっとなあw・・・。

まあ、世の中、簡単には上手く行かないように出来ていますな^^;

せどり

 


author:HAGEDARUMA@ミニマリスト見習い
大都会の片隅で暮らすアダルトな暇人です。リサイクル関連会社のサラリーマン生活を経て脱サラ。現在は貧乏な自営業者です(›´ω`‹ )  趣味はアイドルオタク・断捨離・節約・まいばすけっとやブックオフで買い物・将棋(ウォーズ二段)など(^ω^)
古本(専門書)のリサイクルなら
大学教科書・専門書・医学書の買取サイト「専門書アカデミー」
大阪府大阪市に本社を持つ株式会社ブックスドリームが運営している専門書に特化した買取ショップです。

☑ 赤本・大学受験参考書や資格・就職・医師国家試験の予備校テキストの買取もOK

☑ 記名・押印・蔵書印があってもOK

☑ 価値のある本なら多少の書き込みがあってもOK

10冊以上で送料無料。段ボールも送ってもらえて便利なネット古書店です。
驚きの?高価買取商品リストもありますので、ぜひ一度サイトをチェックしてみてください。