副業を探していらっしゃるサラリーマンの方は多いと思います。

私も会社員時代は、ダブルワークに何かいいのがないかと必死こいて探してましたw

今は自営業になったので、厳密に副業とは言えないのかも知れませんが、本業とは違うキャッシュポイントを探しているのはサラリーマン時代と一緒です。よほど儲かるなら別ですが本業の一本足打法だと売上に波があり、なかなか思うようにいかないんですね。

それでまあ、今回は副業的にShinobiライティングで記事ライターをやってみましたので、その結果と感想などを述べて参ります。

 

Shinobiライティング

https://crowd.biz-samurai.com/

 

shinobi 稼ぐ

 

Shinobiライティングの月収 まず結果から。

1ヵ月間、自分としては結構頑張って、収入は日本円で2万円ちょっと(約4万ポイント。Shinobiのポイントは1ポイント=0.5円)です。

正確には並行してやっていたランサーズのタスク案件が5000円くらいだったのでライター収入としては合計で月収25,000円ってとこですかね。

日じゃなくて”月”25,000円なので見間違えないでくださいねwww

目、肩、腰に激痛が走り、すでにだいぶ薄くなった毛も抜けるほど必死で書きましたがw、こんなもんですわ。

慣れるまでに少し時間がかかってしまったことを注記しておきますが、慣れても感覚的な時給は250~300円の間くらいかなあ、と思います。

 

うーん、やっぱりですね、

Shinobiの文字単価が平均0.25円前後というのは厳しい現実です。

1000文字書いても250円ですからね。1日4000字書いてやっと1000円なので副業としてどうなの?と言われると、「ちょっと微妙やねー」っていう感じは否めません。

 

いい案件は争奪戦です。

Shinobiライティングでも文字単価が0.5円クラスの比較的高報酬の案件があります。

0.5円なら2000字で1000円稼げます。

得意な分野であれば1時間で2000字行ける人もいるでしょうから時給1000円の達成も可能です。

 

ただし、その高報酬案件の獲得には非常に激しい”争奪戦”を勝ち抜かないといけません。

この争奪戦は他者より一刻も早く案件をポチるという早い者勝ちのゲームと思ってください。記事ライターとしての経験やスキルは全く関係ありません。

イメージとしては高報酬案件が公開されると異常発生したイナゴ(ライター)の大群が一斉に農作物(高報酬案件)に襲いかかるような感じで消化されていきます。タイミングがドンピシャで合えば高報酬案件をゲットできないことも無いんですが、運次第の要素が強くそう簡単には獲れません。

1日1件高報酬案件つかめれば、

「うおおおお、よっしゃああああああ!」

といったところでしょうね。

 

2ch筋の話では条件のよい新規案件を獲る”自動ツール”があるのでは?という謎情報もありますが、その真偽は定かでありません。

ただ、そんな情報が出るくらい、文字単価のいい案件はあっと言う間に消えてなくなるということですw

 

余談ですが、普通の単価案件を書いている最中に高報酬案件が公開されると、一人で複数案件を同時進行できないシステムのためにどっちかを捨てなければなりません。

そんな時は「あうあうあ・・・」と唸ることになります。

 

土日は案件がほとんどなくなります。

Shinobiライティングは土日が休みなので、新規案件は公開されません。

このため、土日は案件がほとんど無くなってしまいまい、残っているのは単価が安くてあまり手をつける人がいないもの(文字単価0.25円未満)か、高報酬でも内容が激ムズで素人では書けないような類です(専門知識が必要でネットに情報が転がってないなど)。

このため土日しか休暇のない会社員が副業でこなすにはちょっと条件が悪いですね。

平日に作業時間のある人のほうが圧倒的に有利です。

 

時給的にモチベーションの維持が難しいです。

せいぜい1ヵ月くらいなら

「へー、こんな記事書けばそこそこ稼げるんだ?」

と頑張れるのですが、だんだん書くのにも飽きが来てしまいます。

500字くらいの記事作成案件はたくさんあるのですが、1記事で125円(500字 1文字0.25円換算)だとモチベーションが上がってこなくなる人も多いでしょう。

よほど金が必要なら別ですが、「500字で125円かあ。うわあ、なんかダリいぜ・・・」ってなっちゃうんですね。

これは個々人の置かれた状況や性格の問題もあるので何とも言えませんけど、まともに稼ぐならバイト探したほうがいいかもしれません。



記事の不採用もある。

Shinobiの場合、与えられた要件を満たしたオリジナルライティングの記事であれば基本的に採用されると思います。

ただまれに不採用になることもあり、理由は明かされません。

私も2件不採用がありました。

 

1件は自分なりに理由が分かって、引用文がコピー記事判定に引っかかってしまったものと思います。

Shinobiは独自のコピー判定ツールを持っていて、仮に記事の作成指示に”引用しろ”が含まれていても、そもままやると自動的にコピー記事扱いになって不採用になるんではないか?と推察しました。ちょっとトリッキーなんで、初心者は引っかかりますねw

 

もう1件は原因が謎の不採用記事がありました。

なぜその記事がアカンかったのかは今だによく分かりません。他に採用された記事とほぼ同質のレベルのものだったと理解しているのですが、なぜか書き上げた数分後に不採用判定でした。

時間的に人間の判断ではなく、Shinobiのチェックツールに引っかかったと思われるんですが、不採用の理由は謎のままです。

まあ、そういうルールなのでしょうがないですけどね・・・

 

ただ、

この不採用で気をつけなければいけないのが、数千字級の大物案件をやるときです。

20分くらいで書き上げた数百字の記事なら諦めがつきますが、2時間~3時間で書いた数千字の大作記事で不採用になると、かかった時間と労力が無駄になるダメージがあまりにもデカいです。

しばらく何もヤル気が起きず、廃人化する恐れもあるので大作記事の不採用には十分に注意しましょう(´;ω;`)

 

ただし、平日は案件がいっぱいあります。

ここまでデメリット的な話ばっかりになってしまったのですが、Shinobiライティングのすごいところは平日ならバンバン新規案件が出てくるところです。

ちょっと時間があるので稼ごうかなあ、って思ったらShinobiライティングを見たらなんかあると思いますし、自分が出来そうな案件を見つけやすいメリットがあります。

「暇だから100円でも200円でも稼ぎたいお(^ω^)」

って思うんなら迷わずShinobiをおすすめします。

平日ならかなりの高確率で何らかの案件を拾えるでしょう。

 

ただ書くだけでいい気楽さがある。

他のクラウドソーシングだと、募集案件の中から自分にできるものを探すのに時間がかかりますし、記事の要求水準や依頼しているのが地雷クライアント(不採用率が非常に高いクライアントなど)かどうかなど、ライティングに取り掛かる前の作業やチェックが結構面倒なんですよ。

個人(会社)対個人のやり取りが基本ですからね。

 

その点、Shinobiライティングは、個人(会社)対個人のやりとりの間にShinobiライティングが入って仲介してくれるおかげで、そんな手間が省けます。

基本的にライターは案件を選んで”ただ書くだけ”で済みます。

記事の質はShinobiが求める基準で考えればいいのですから、クライアント毎の記事の要求水準を想定することはありません。

他のクラウドソーシングのようなクライアントに対する気遣いが不要な分、心理的にものすっごく楽ですね。

その点は非常に優れたシステムですし、Shinobiでライターをやる最大のメリットだと思います。

 

👨クライアント→ Shinobi  ←👦ライター

この関係はVery Goodです。

 

で、結局稼げるもんなの?

まあ稼げますよ。

繰り返しになりますが、時給にすると「うーん微妙」という感じですw。

1時間に数千字書ける神のようなライターは別ですが、経験者でもせいぜい2000字くらいが限界。文字単価0.25円として考えると時給は500円。仮に1時間に2000字を書いて8時間ぶっ続けで作業したとして、日当は4000円です。

これをどう見るかでしょうね。

果たして、安いのか?高いのか?普通なのか?

記事を書くのは結構疲れますし、途中に休憩を入れても8時間書き続けるのもなかなか大変だとは思います。やったことがある人は分かると思いますが1時間で1000~1500字書くとかなり疲労感があります。

ちなみにShinobiのランキングトップのライターさんは1日に30000字、日当で7500円クラス(1文字0.25円換算)の方もいらっしゃいます。

私から見ると超人レベルですけどねw。

Shinobiトップランカー

稼ぐための戦略、その他感じたこと

例えば、半自動のリライトツールなどを活用すればもっと楽に稼げるんでは?と考える人もいらっしゃるでしょうが、それで審査にどの程度通るかは分かりませんしリスクがないとは言えません。

ネットで集めた情報をベースにリライトするスキルを使わざるを得ない感は否めませんが、ツールと人間のリライトは少し質が違いますからね。

また、その人の特性に応じて稼ぐ戦略も必要で、単価が高めの長文記事で攻めるか、単価が安めの短文記事で数をこなすかなどもあります。

長文記事は単価がいい場合が多いのですが途中で挫折したり、不採用になったときのリスクが高く、短文記事は単価のいい案件はあまりなく数をどんどんこなさないとなかなか稼げません。また、長文記事は日本語の文章の流れを維持するのに結構な手間がかかりますが、短文記事は流れをあまり気にしなくても作業が終わりますのでテンポよくお仕事できます。

長文記事、短文記事はどっちもメリット・デメリットが存在しますのでお好み次第ですが、初心者には短文記事(200~500字)の案件がおすすめです。一歩一歩実績を積み上げて行けるので。

ある程度慣れたら長文記事(1000~10000字)に挑戦してみるといいのではないでしょうか。

 

まとめ

今回はちょっと燃え尽きましたが、また時間が出来たら挑戦するのもアリかなと思います。依頼された記事を書くのはおもしろいし、勉強にもなりますので。

ただ日当は2000円くらいが妥当な目標だろう、っていうのが正直な感想です。月20日稼働すれば月収40000円ですね。

無理して1日で3000円分くらいの記事を書いたことあるんですが、正直めっちゃきつかったっす。

(›´ω`‹ )・・・

あまり欲張ると目、肩、腰に疲労が来て次の日大変ですから注意しましょう。目薬やシップを買うと、赤字になってしまう可能性もありますwww

 

結局、

記事ライターの仕事は頭と時間をそこそこ使う単価の安い内職って感じですが、好きなときに自由に稼げるというのがやっぱり(・∀・)イイ!!

しかも株、FX、せどりや転売のような他の副業と比較すると資金的なリスクはありませんので少なくとも確実にお金になります。

文章を書くのが好きな方で副業を探しているなら、一度Shinobiの記事ライターにチャレンジしてみるのも悪くないと思います。アフィリエイトよりも圧倒的に収益化が早いですし。

 

駆け足になりましたが、以上でShinobi突撃レポートを終わります。

この記事を読んで頂いた方のご健闘をお祈りしますお(`・ω・´)ゞ